ほのかの東京大賞典2020|オメガパフューム3連覇が濃厚だ【芸能人予想】

Pocket

コツコツ無料予想
[無料買い目情報]

ホープフルSも手堅く的中!

1,3,4人気もガミらずプラス収支↓
ワイド計17.6倍/8,800円/回収率117%

━━━━━━━━━━━━━━

【無料買い目情報は地方も好調】

◎12/24浦和6R(1点500円)
3連単5-1-10→15,050円

◎12/23浦和6R(1点500円)
3連複1-4-8→15,400円

━━━━━━━━━━━━━━

さらに中央重賞前はココを確認↓
【取材本命馬◎公開】【穴馬の法則】

→(朝日杯FS情報画像

2人気7人気ドンピシャ!

→鬼チェック必要な無料情報(地方・中央)

競馬納め競馬始めは…

【取材本命馬◎公開】
【穴馬の法則】
【無料買い目情報】

ここは絶対確認してください!

 

 

GIという事で特別にスポニチに掲載されたほのかさんの競馬予想

「Yes I can」

女性ファッション誌「CanCan」の専属モデルであり
鋭い競馬予想を見せるほのかさんさんが

今週は東京大賞典2020の予想をお届けします。


(2019東京大賞典 オメガパフューム)

 

 

競馬好きの芸能人モデルとして知られている

ほのかさん

 

データを駆使して、穴馬の指名や切り馬の指名などを
大胆に行う予想方法からも競馬に対する情熱が伺える芸能人ですが
今回はGIということで

特別に予想をしてくれました。

 

今週は地方グランプリレースである

“東京大賞典2020”

が行われますが、今週は的中出来るでしょうか?

 




 

東京大賞典は末脚のある馬が活躍しやすいレース

中央競馬に所属する馬が強いレース

という特徴のコース設定となっていますが

今年は大井競馬場での開催となります。

 

東京大賞典連覇中の オメガパフューム

浦和記念を勝った ダノンファラオ

が人気になりそうですが

その他の馬達も虎視眈々です。

 


(人気が予想される オメガパフューム)

 

馬券的には絞れるメンバー構成ですが

“馬場適性”と”地力”

が、馬券的な検討課題になってきそうですね。

 

そんな東京大賞典について
ほのかさんはどういった予想を見せてくれたのでしょうか?

それでは、行ってみましょう!!

 



 

ほのか、東京大賞典2020の本命馬と穴馬と印

天性の直感と大胆な切り馬で予想をするほのかさん

大一番で的中を見せられるのでしょうか?

今週、予想するレースは『東京大賞典2020』です。

 

一筋縄ではいかないメンツで行われるレースですが

ほのかさんがどの馬を本命、または穴馬にしたのか…

気になるところですね。

 

 

金曜日のスポニチで東京大賞典2020の予想が
公開されましたので早速、見てみましょう。

 

本命は オメガパフューム です。

オメガパフュームを本命にした理由は

2戦連続勝利と地力の高い点

大井競馬場の2000mを得意としている点

この2点を理由に本命指名をしました。

 

それ以下の印ですが

対抗は ウェスタールンド

単穴は ダノンファラオ

注意は ノンコノユメ

混戦ムードが漂う中で

今回ほのかさんは人気サイドを拾って
このような印を打ちました。

 

 

ほのかの東京大賞典2020の馬券購入

こちらは公開されませんでした。

 

 

ほのかの東京大賞典2020予想と馬券購入についての感想

今回は オメガパフューム を本命にしてきました

ここは人気でも仕方がないですよね~

ほのかさんの言う通り、大井競馬場の深いダートは適性が高いですし
ここは普通に切れない馬だと思っていますよ。

ほのかさんの引きの強さに期待しましょう!!

 

 

馬券が的中するよう応援しましょう!!

 

以上です。

ほのか以外の有名人の東京大賞典予想は以下から確認して下さい。

東京大賞典2020|芸能人・有名人・プロ予想家の予想まとめ

 

個性豊かな有名人達が色々な視点からレース予想をしていますよ!!

 

 

MOTOの無料メールマガジンご案内

ほのかさんの予想について、
言いたいことを言っていますが
私のレース見解は土日にメルマガで配信をしています。

2018年の回収率は109%

2017年の回収率は115%
(2019年はマイナス収支となってしまいました)

過去5年で4回の年間プラスを計上しています

私が配信している無料メルマガでは競馬で勝つ為の考え方、方法論を話しています。

また根底には確率論、統計論を用いて
勝つ為に必要なロジックをお話しています。

登録は無料ですので、勝つ為の方法を確かめて下さい。

登録は以下からどうぞ。

メールマガジンの登録はココをクリック