安藤勝己(アンカツ)の有馬記念2019|本物3頭の中で軸にするのはあの馬!【芸能人予想】

Pocket

有馬記念はあの馬を買えば楽に的中できるレースだ!

考える予想を提案する「SWITCH」ですが、
このSWITCHの情報精度を一度体験してほしいので
今週「SWITCH」の無料会員に登録してくれた人には
無料で有馬記念の極秘情報を公開します。

「馬券でしっかりとプラス収支を出したい」
という人は登録して無料情報を手に入れてください。

登録費用無料の『SWITCH』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「SWITCH」の有馬記念情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  有馬記念の予想をチェック  ↑ ↑ ↑

 

 

有馬記念という事で特別に東スポに掲載された安藤勝己さん(アンカツ)の有馬記念予想

「名鑑定士」アンカツの真偽眼

ダイワスカーレットで有馬記念を勝利した事もある
アンカツこと安藤勝己元騎手が

特別に有馬記念2019の予想をお届けします。


(有馬記念2018 ブラストワンピース)

 

 

ずっとトップジョッキーとして競馬界で活躍してきた

アンカツこと安藤勝己さん

 

その豊富なキャリアで様々な名馬に騎乗してきたアンカツさんが

特別に注目馬3頭を挙げてくれました。

 

今週は年末の大一番となる

“有馬記念2019”

が行われますが、今週は的中出来るでしょうか?

 




 

有馬記念は菊花賞組、ジャパンカップ組が強いレース

差し馬が活躍しやすいレース

という特徴のコース設定となっていますが

今年は1強の模様を呈しています。

 

歴代最強牝馬である アーモンドアイ

古馬になって開眼した リスグラシュー

が人気になりそうですが

その他の馬達も虎視眈々です。

 


(人気が予想される アーモンドアイ)

 

かなり難しいメンバー構成ですが

“コース適性”と”展開”

が、馬券的な検討課題になってきそうですね。

 

そんな有馬記念について
アンカツはどういった予想を見せてくれたのでしょうか?

それでは、行ってみましょう!!

 

 

アンカツ(安藤勝己)、有馬記念2019の本命馬と穴馬と印

今年の有馬記念は毎日東スポに記事を載せてくれている安藤勝己さん

年末の大一番で的中を見せられるのでしょうか?

今週、予想するレースは『有馬記念2019』です。

 

アーモンドアイが抜けているメンツですが

アンカツがどの馬を本命、または穴馬にしたのか…

気になるところですね。

 



木曜日の東スポで有馬記念2019の予想が
公開されましたので早速、見てみましょう。

 

軸馬は アーモンドアイ です。

アーモンドアイを軸馬にした理由は

能力的に抜けている点

状態面についても心配する必要のない点

自在性があり、どんな競馬場でも走れる点

この3点を理由に軸馬指名をしました。

 

対抗は サートゥルナーリア

3番手は リスグラシュー

抑えには キセキ

ジャパンカップを勝利したスワーヴリチャードは
展開や相手に恵まれての勝利だったことから
ここは少々落ちると判断しているようです。

今回アンカツ(安藤勝己)はこのような印を打ちました。

 

 

アンカツ(安藤勝己)の有馬記念2019の馬券購入

こちらは公開されませんでした。

 

アンカツ(安藤勝己)の有馬記念2019予想と馬券購入についての感想

今回は アーモンドアイ を軸馬指名してきました

ここは力が抜けているので仕方がないでしょうね。

2、3番手も無難な選択で、騎手らしい
強い順からランキングしていく形になりましたが

オッズ的には期待値の低い組み合わせなので、
馬券としてはもう少しひねりが欲しいですね。

アンカツ(安藤勝己)の冷静な視点に期待しましょう!!

 

予想レベルは 45点 です。

 

 

馬券が的中するよう応援しましょう!!

 

以上です。

アンカツ(安藤勝己)以外の有名人の有馬記念予想は以下から確認して下さい。

有馬記念2019|芸能人・有名人・プロ予想家の予想まとめ

 

個性豊かな有名人達が色々な視点からレース予想をしていますよ!!

 

 

 

MOTOの無料メールマガジンご案内

アンカツ(安藤勝己)さんの予想について、
言いたいことを言っていますが
私のレース見解は土日にメルマガで配信をしています。

2018年の回収率は109%

2017年の回収率は115%

過去5年で4回の年間プラスを計上しています

私が配信している無料メルマガでは競馬で勝つ為の考え方、方法論を話しています。

また根底には確率論、統計論を用いて
勝つ為に必要なロジックをお話しています。

登録は無料ですので、勝つ為の方法を確かめて下さい。

登録は以下からどうぞ。

メールマガジンの登録はココをクリック