安藤勝己(アンカツ)の京都大賞典2020|あの馬の絶好の展開になるはず【プロ予想家の見解】

Pocket

秋初戦のGIで魅せた

GIでの1点勝負的中!!

━━━━━━━━━━━━━━

そして、中京10レース関ヶ原ステークスも大爆発!

━━━━━━━━━━━━━━

今週も毎日王冠の無料情報をスタンバイ!

まずは無料情報でレベルの高さを実感してく下さい!!

毎日王冠3点勝負買い目を無料公開

秋競馬は勢いに乗っての的中ラッシュになる予感がします。

 

 

うまんchuで公開された

安藤勝己さん(アンカツ)の京都大賞典予想

「名鑑定士」アンカツの真偽眼

名騎手として数々のGIレースを制した
アンカツこと安藤勝己元騎手が

今週は京都大賞典2020の予想をお届けします。


(京都大賞典2019 ドレッドノータス)

 

 

ずっとトップジョッキーとして競馬界で活躍してきた

アンカツこと安藤勝己さん

 

その豊富なキャリアで様々な名馬に騎乗してきたアンカツさんが

特別に注目馬を挙げてくれました。

 

今週は秋の京都開幕戦となる

“京都大賞典2020”

が行われますが、今週は的中出来るでしょうか?

 




 

京都大賞典は差し馬が活躍しやすいレース

スタミナを持つ馬が活躍するレース

という特徴のコース設定となっていますが

今年も京都競馬場での開催となります。

 

宝塚記念2着、JC2着の キセキ

天皇賞春2着の グローリーヴェイズ

が人気になりそうですが

その他の馬達も虎視眈々です。

 


(人気が予想される キセキ)

 

馬券的には妙味の少なさそうなメンバー構成ですが

“スタミナ”と”末脚”

が、馬券的な検討課題になってきそうですね。

 

そんな京都大賞典について
アンカツはどういった予想を見せてくれたのでしょうか?

それでは、行ってみましょう!!

 

 

アンカツ(安藤勝己)、京都大賞典2020の本命馬と穴馬と印

GI週は木曜日の東スポで予想記事を載せてくれている安藤勝己さん

大一番で的中を見せられるのでしょうか?

今週、予想するレースは『京都大賞典2020』です。

 

コントレイルが中心となるメンツですが

アンカツがどの馬を本命にしたのか…

気になるところですね。

 



競馬ラボで京都大賞典2020の予想が
公開されましたので早速、見てみましょう。

 

軸馬は ダンビュライト です。

絶好枠を引き当てた上に、京都コースには実績もある。

キセキは宝塚記念の内容からも下げてくんじゃないか。
引っ掛かってハナになった場合は離して逃げているし
いずれにせよダンビュライトにはドンピシャの展開になると思う。

G1に入ると足りないところがあるで、陣営の狙いとしても前哨戦。
開幕週の道悪であれば願ったり叶ったりで、昨年の再現が期待できる。

この点を理由に軸馬指名をしました。

 

対抗は キングオブコージ

3番手は パフォーマプロミス

以下は ステイフーリッシュ、キセキ、グローリーヴェイズ、バイオスパーク

今回は7頭の馬に印をつける形になりました。

今回アンカツ(安藤勝己)さんはこのような印を打ちました。

 

 

アンカツ(安藤勝己)の京都大賞典2020の馬券購入

こちらは公開されませんでした。

 

アンカツ(安藤勝己)の京都大賞典2020予想と馬券購入についての感想

今回は ダンビュライト を軸馬指名してきました

アンカツさんの言う指摘は合っていると思いますね。

GIよりもここがあっていると思いますし
力も十分に足りている馬です。

ただ、条件が揃い過ぎている点が
ちょっと嫌な感じがしますね。

アンカツ(安藤勝己)の冷静な視点に期待しましょう!!

 

 

馬券が的中するよう応援しましょう!!

 

以上です。

アンカツ(安藤勝己)以外の有名人の京都大賞典予想は以下から確認して下さい。

京都大賞典2020|芸能人・有名人・プロ予想家の予想まとめ

 

個性豊かな有名人達が色々な視点からレース予想をしていますよ!!

 

 

 

MOTOの無料メールマガジンご案内

アンカツ(安藤勝己)さんの予想について、
言いたいことを言っていますが
私のレース見解は土日にメルマガで配信をしています。

2018年の回収率は109%

2017年の回収率は115%
(2019年はマイナス収支となってしまいました 81%)

過去5年で4回の年間プラスを計上しています

私が配信している無料メルマガでは競馬で勝つ為の考え方、方法論を話しています。

また根底には確率論、統計論を用いて
勝つ為に必要なロジックをお話しています。

登録は無料ですので、勝つ為の方法を確かめて下さい。

登録は以下からどうぞ。

メールマガジンの登録はココをクリック