弥生賞2020|厩舎関係者による状態評価、追い切り・調教後の調教師コメント【まとめ】

Pocket

弥生賞2020を行う上で公開されている
厩舎関係者による状態評価、
または追い切り・調教後の調教師・調教助手のコメントなどをまとめてお送りします。

※ メディアへの公開後、随時公開をしていきます。

テレビや新聞等のメディアの都合で全ての馬についての情報が
公開されない場合もありますので、その点はご了承下さい。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は皐月賞トライアルである

「弥生賞」が行われます。

先週のレースを的中できなかった方は、是が非でも的中させたいですね。

 

弥生賞2020を予想する際に最も気になる事

「厩舎関係者のコメント」と「追い切り後の評価」

こちらをまとめた形で提供したいと思います。

という事で、弥生賞2020を的中するべく
関係者のコメントを見ていきましょう!!

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

弥生賞2020に出走する有力馬の関係者評価

 

ワーケア

【厩舎関係者の評価】

手塚調教師

調教過程も順調に来ている。体も少し余裕があったので1週前はしっかりやった。
外めを回って時計(Wコースで5F65秒8)も良かった

今の賞金だと皐月賞は出られるかもしれないけど、ダービーは出られない。
ここは皐月賞の優先権(3着以内)ではなく、最低2着以内で賞金は加算したい。
中山2000メートルも2度目。前走よりワンポジション前で運べれば

【追い切り後のコメント】

ルメールを背に快走。
Wコースの4コーナー手前。鞍上が促すシーンはあったが、そこから一段エンジンが掛かった。
5F65秒4~1F12秒6。3馬身前を走ったフォアシュピール(3歳1勝クラス)に半馬身まで詰めたところがゴール

ルメール
「まだちょっと重いみたい。折り合いもついたし、息遣いは良かった。
フットワークも良かった。とても、イージーホース。乗りやすい馬です」

 

 

サトノフラッグ

【厩舎関係者の評価】

国枝調教師

放牧を挟んだが順調だね。体は大きく変わらないけど、だいぶピリッとしてきた。
実戦での反応が速くなったし、ゲートも今は問題ない。
ディープ産駒なのと鞍上(武豊)で注目を集めるだろうし、万全の状態で臨みたいね

【追い切り後のコメント】

坂路で4F51秒3、ラスト1F12秒2の好時計をマーク

国枝師
「現状ではこれで十分。気持ちが入っているし、体の張りもいい。
乗りやすいし、器用さもあるから中山2000メートルにも対応できる」

 

 

弥生賞は勝ちたいなら黙ってあの馬を買え!!

競馬で稼ぐプロ集団が送る自信の予想をとくと見よ!!

今週「ほんプロ」の無料会員に登録してくれた人には
2万円分の無料予想上をプレゼント。

競馬に勝ちたいなら俺たちに任せろ!!

登録費用無料の『ほんプロ』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「ほんプロ」の弥生賞情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  弥生賞の予想をチェック  ↑ ↑ ↑

 

 

オーソリティ

【厩舎関係者の評価】

木村調教師

「相手が強いので胸を借りる立場だが、普通に回ってきて、どこまでやれるかを見てみたい」

【追い切り後のコメント】

Wコースで3頭併せ。
直線で最内に潜り込んでいっぱいに追われ、
外ランガディア(6歳オープン)に2馬身、中レッドフレイ(5歳3勝クラス)に1馬身先着

木村調教師
「普段からいい動きをする馬で、いつも通りの調教ができた」
「以前より人の言うことを聞くようになって“ちゃんと話し合える”感じになってきた」

 

 

ブラックホール

【厩舎関係者の評価】

三尾助手

前走後に放牧を挟んだことで10キロくらい体が増えて出られそうだし、一歩ずつ成長している手応えはあります。

最近は慣れない人が近づくと蹴りにいく。
ゴールドシップ産駒らしい我の強さも出てきたから、それも競馬でいい方向に出ないかと期待しているんです

【追い切り後のコメント】

Wコースでの併せ馬。直線いっぱいに追われ、キク(3歳未勝利)を3馬身ちぎった。

相沢調教師
「札幌(2歳S1着)の前と同じで攻めた方がいいタイプ。あとはこの馬のリズムで走れれば」

 



 

オーロアドーネ

【厩舎関係者の評価】

斎藤助手

センスのある走りを見せてくれたし、抜け出す時が速かった。
競馬を使った後はむしろ落ち着きが出て、上積みが見込める。
1600メートルの自己条件(土曜1勝クラス)と両にらみですが、新馬の内容なら2000メートルに延びても問題ないと思う

【追い切り後のコメント】

Wコースで併せ馬。ビービーレガロ(3歳1勝クラス)を2馬身追走。
馬なりで脚色に余裕を残したまま楽々と併入

斎藤助手
「新馬戦の前より落ち着きが出て、折り合いがつくようになった」
「新馬戦が上手な競馬。普段の調教から右、左回りは関係ないしコース替わりも問題ない。距離も大丈夫」

 

 

ウインカーネリアン

【厩舎関係者の評価】

鹿戸調教師

前走は馬体減。仕上がりがもう一息だった。
動きは良くなっている。それに東京より中山の方がレースしやすい。
中間は体が増えてきているので、維持できれば

【追い切り後のコメント】

Wコースで2馬身先行したダイワミラクル(3歳未勝利)を追走、
直線で馬なりのままインから1馬身抜け出す。

鹿戸師
「確実に気配が上がっている。相手は強いが、持ち前のしぶとさを生かしたい」

 




 

パンサラッサ

【厩舎関係者の評価】

安藤助手

先行力があって、この時季の馬場は合っている。
間隔は空きましたけど、追い切りの動きはいいです

【追い切り後のコメント】

坂井騎手

走りやすい馬場でもあったので、いつも通りに動きは良かったです。
ただ、このクラスで上位の上がりは使えないので、馬場はなるべく渋ってほしいです。

 

 

エンデュミオン

【厩舎関係者の評価】

押田助手

前走(あすなろ賞=11着)は馬場が合わず、不完全燃焼の競馬に。
返し馬から進んで行かず、レースでもノメっていた。
まだ体が緩く、幼さも残っているけど、ポテンシャルはいいものを持っている。
相手は強いが、良馬場ならもう少しやれていい

【追い切り後のコメント】

清水久師

いい状態。立ち回りが上手なので、中山2000メートルも問題ないでしょう。
前走は馬場に尽きるので、いい馬場でやりたいです。

 

 

MOTOが注目する弥生賞の穴馬

このブログではメディアで発表されている弥生賞出走予定馬の
事前評価、勝負気配及び追い切り後のコメントについて話しましたが

競馬予想家である私、MOTOが考えている
弥生賞の穴馬については別のブログで公開をしています。

こちらも良かったら見てみて下さいね。

MOTOが注目する弥生賞の穴馬