橋本マナミの有馬記念2019|穴で買うのはシュヴァルグラン!【芸能人予想】

Pocket

有馬記念は簡単に的中できるレース!!

【2019年無料予想6週連続的中の実績がある競馬サイト!】
そして、万馬券連発で大幅プラス!!

絶好調の「俺の競馬」ですが、この俺の競馬の情報精度を
是非、貴方にも体験してほしいので
今週「俺の競馬」の無料会員に登録してくれた人には
無料で有馬記念の極秘情報を公開します。

「馬券でしっかりとプラス収支を出したい」
という人は登録して無料情報を手に入れてください。

登録費用無料の『俺の競馬』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「俺の予想」の有馬記念情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑ 有馬記念の予想をチェック  ↑ ↑ ↑

 

 

有馬記念という事で特別にスポニチに掲載された橋本マナミさんの有馬記念予想

「新妻予想」

11月27日に1最年下の勤務医と結婚した
女優でタレントの橋本マナミさんが

特別に有馬記念2019の予想をお届けします。


(有馬記念2018 ブラストワンピース)

 

 

競馬ファンとしても知られている

橋本マナミさん

 

婚姻届けを提出して3週間が過ぎましたが
1年間同棲していたこともあって
新婚気分ではないようですが

2人で外出する時に人目を気にしなくてよくなったので

楽しい結婚生活を送っているようです。

 

そんな橋本マナミさんの予想を今週も期待したいですね。

 

今週は年末の大一番となる

“有馬記念2019”

が行われますが、今週は的中出来るでしょうか?

 




 

有馬記念は菊花賞組、ジャパンカップ組が強いレース

差し馬が活躍しやすいレース

という特徴のコース設定となっていますが

今年は1強の模様を呈しています。

 

歴代最強牝馬である アーモンドアイ

古馬になって開眼した リスグラシュー

が人気になりそうですが

その他の馬達も虎視眈々です。

 


(人気が予想される アーモンドアイ)

 

かなり難しいメンバー構成ですが

“コース適性”と”展開”

が、馬券的な検討課題になってきそうですね。

 

そんな有馬記念について
橋本マナミさんはどういった予想を見せてくれたのでしょうか?

それでは、行ってみましょう!!

 

 

橋本マナミ、有馬記念2019の本命馬と穴馬と印

新婚で幸せ絶頂である橋本マナミさん

年末の大一番で的中を見せられるのでしょうか?

今週、予想するレースは『有馬記念2019』です。

 

アーモンドアイが抜けているメンツですが

橋本マナミさんがどの馬を本命、または穴馬にしたのか…

気になるところですね。

 



木曜日のスポニチで有馬記念2019の予想が
公開されましたので早速、見てみましょう。

 

穴馬は シュヴァルグラン です。

シュヴァルグランを穴指名にした理由は

2年連続3着とコース実績がある点

リピーターが活躍している点

大魔神佐々木さんと親交がある点

この3点を理由に本命に打ちました。

 

本命は アーモンドアイ

対抗は スワーヴリチャード

本命と対抗が迷っているとの事で
本命・対抗が変わる可能性がありますが

今回橋本マナミさんはこのような印を打ちました。

 

 

橋本マナミさんの有馬記念2019の馬券購入

こちらは公開されませんでした。

 

橋本マナミさんの有馬記念2019予想と馬券購入についての感想

今回は シュヴァルグラン を穴指名してきました

過去3年はジャパンカップに100%仕上がるような
ローテーションで勝負してきた馬ですが
今回は有馬記念を頂点とするローテーション

明らかに人気薄ですが、ここは一発があると思いますよ。

橋本マナミさんの勢いに期待しましょう!!

 

予想レベルは 75点 です。

 

 

馬券が的中するよう応援しましょう!!

 

以上です。

橋本マナミさん以外の有名人の有馬記念予想は以下から確認して下さい。

有馬記念2019|芸能人・有名人・プロ予想家の予想まとめ

 

個性豊かな有名人達が色々な視点からレース予想をしていますよ!!

 

 

 

MOTOの無料メールマガジンご案内

橋本マナミさんの予想について、
言いたいことを言っていますが
私のレース見解は土日にメルマガで配信をしています。

2018年の回収率は109%

2017年の回収率は115%

過去5年で4回の年間プラスを計上しています

私が配信している無料メルマガでは競馬で勝つ為の考え方、方法論を話しています。

また根底には確率論、統計論を用いて
勝つ為に必要なロジックをお話しています。

登録は無料ですので、勝つ為の方法を確かめて下さい。

登録は以下からどうぞ。

メールマガジンの登録はココをクリック